FC2ブログ

この不定期に押し寄せてくる低調な昏さが

2019.05.23.19:06

こんばんはー☆

ここ最近ずっと、仕事のやる気が
超!無くなってしまっているんです。

人のせいにするつもりは無くて
むしろこれは私の仕事に対する悪い点なのですが、
私はどうしても、気持ちで仕事をしてしまう子なんです。

今まで私が窓口をやっていた
唯一クリエイティブな感じの仕事を
10月から赴任してきた上司が全部巻き上げて行ってしまい
私は実質事務処理だけになってしまいました。

しかも新案件のメールはCCに入れてくれないから
最近まで電話口の会話を聞いていたりして
何とか私も話に付いていこうと思っていたのですが

それでもやっぱりやる気が途切れてしまいました。

ようするに私は、
自分の存在価値が見いだせなくなると
仕事に対する情熱も見いだせなくなってしまうのです。

多分ね、私は自席で
超!死んだ魚の目をして座っているのだと思いますよ。

最近は超絶定時で帰ってきています。

なんてったって、チャイムと同時にPCをシャットダウンしますからね。

チャイムが鳴る2分くらい前から
いそいそと片づけ始めております。

それに派遣よりも時給が低くて
しかも業績連動型賞与は
業績ガタ落ちで望みが剃刀の刃よりも薄いですね。

今や最低賃金が1000円だとか言われている時代、
直接雇用の準社員の時給が1100円ですよ。

そこから税金や保険料を天引きされ、
何なら今どきの授業半分バイト半分の大学生よりも
稼ぎが少ないとみております。

はぁ。


昔前職でね、パワハラで有名だった上司に
「月島さんは仕事の能力はあるのにコミュニケーション能力が低いのがもったいない」
と、私がいない場で言われていたことがあるそうです。

周囲から煙たがられていた上司でしたが、
多分、観察能力にたけているのだと思います。

「仕事ができる」のくだりは何となく買いかぶりのようにも思いますが、
でも実際、多分当たっています。

ポテンシャルは多分あるはずなのに、
性格に難がありすぎて、
余り余って仕事の進路を妨げ続けております。

変らないねー。
本当に、性格って小さい頃から変わらない。


明日は部署の飲み会なんです。
しかも名目が「月島さんの社員祝い」です。

部署は私を含めて4人だけなのですが
それでもやっぱり行きたくない。

内容的に断ることのできない内容だから
さらにつらいです・・・。

もうね、祝ってくれなくて全然大丈夫だから、
だから私をそっとしておいてください。

神々しいくらいの気遣いは
私には眩しすぎてしんどいです。

もう気持ちだけで感謝でいっぱいだから、
だから私をそっとしておいてください・・・!


とまあ、そんな昏いことを考えながら
今日はパーソナルトレーニングの日ですよ。

徒歩25分の距離は本当にありがたい。笑

昨日、一昨日の自主トレで
大円筋と腹筋が軽く筋肉痛です。笑

コツコツね。
コツコツ鍛えるしか道は無いんですよ、
ボディーメイクの道は。

さて、筋トレで昏い気持ちは
少しでも吹き飛ぶのかな。

この不定期に押し寄せてくる低調な昏さが
私の色んな可能性を潰してるんですよね。

遺伝と生まれ育った環境・・・
宿命みたいなものです。


それではまた更新します(○・_ゝ・○)ノ

↓↓↓↓よろしければ ポチっとどーぞ?(´ω`人)
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

それが正しくても正しくなくても。

2019.05.19.15:24

こんにちはー♪

とっても長い間空いてしまっておりました。

何か変なおじさんに嫌な感じのコメントを入れられ
おじさんを振り切るべくして潜んでおりました。

この期間は、私と同じ種類の生き物である
月島晴美さんという腹心の友を失ったような心地でおりました。

ただいま。おかえり。

そしてもうコメントおじさんには見に来てほしくない。
何か嫌だ。
私は定年退職後に悠々自適に過ごす町内会の役員おじさんのブログなんて
微塵も興味が無いから、一切見に行かないし。

不愉快なコメントを差し向けてくるほど私のブログが不愉快なら、
無理して読む必要もないし、こんな不愉快な私のブログを読むために
時間を潰えさせてしまう必要なんて、一切ないですよ。

仮に有り余る時間だったとしてもそれは
確実に「限りある時間」なんだから、
もっと有意義な情報のために使った方が良い。



でね!

ゴールデンウィーク前半は
自分人生史上最高の腹筋を作っておりました!!

fc2blog_201905191416088bf.jpg


頑張りましたよーーー!

ある程度、私は満足です!

4月末に大阪のパーソナルトレーニングを卒業してしまったので、
今は地元の整体院に併設されているジムでパーソナルを受けています☆

ゴールデンウイーク後半に気持ちがダレてしまい
食っちゃ寝、食っちゃ寝の生活をしていたら
見事に2キロも太ってしまいましたとさ!!

でもね、私は殆ど悲観していないんです。

今の私はトレーニングが好き。

太ったってことは、ここからまた
絞っていけるってことなんだから、
シェイプアップしていけるその工程が、
楽しみでしかない。

過食の淵から私を救い上げてくれたのは、
紛れもなく、筋トレでした。

私には神様なんていないけど、
筋トレは何度でも私を救ってくれる、
そんな気がする。


この一年は、身体づくりを頑張る。

そう決めていました。

少しずつですが、筋肉の勉強もしている。

その頑張る矛先が間違っていても間違っていなくても、
私はこの一年は身体づくりを頑張らなければいけない。

そこに意味があっても意味が無くても。


比較的話せる人たちに筋肉の話をすると、
みんな揃って「何を目指しているの?」って言います。

私からしたら「”目指す”というようなものは何も目指していない。」
と言うのが答えになります。

特に何かを目指しているわけではないんですよね、
例えば大会に出るとか、そういうような事柄は。

私は自分の身体が好き。

もちろん、全然完璧じゃないし、
骨格にもいささか「癖」がある。

それでも私は自分の身体が好きですね。
丁寧に磨きをかけていきたい。

この身体で寿命を全うするまで生きていかないといけないんだ。
身体は魂を祀る神殿だから。
(確か村上春樹の『1Q84』でそんな名言があったな。)


筋トレや身体の構造を勉強したとしても、
それは私にとって金銭的効果は全く無い。
そう言うことで収入を得る見込みもないし、そのつもりもない。

なのに私は筋トレをするし、筋肉の勉強をする。

「意味が無い」ことに一生懸命になろうとしている。

私は比較的飽きやすい性格だと思っています。
きっと、来年にはここで身体づくりについて語ったことなんて
ケロッと忘れて、全然別の何かに興味を示しているかもしれない。

私は何かに熱中していたいんです。

朝起きて会社に行って、
私が唯一できる仕事である
「事務作業(さほどクリエイティブではないです)」という仕事をして
家に帰ってきて独りで毎日同じ食事をして、

同世代の女子ならきっと子育てをしたり、
あるいは「もっとクリエイティブな仕事」をして
「何か目的のある人生」を歩んでいるのかもしれない、

なんてことをぼんやり考えながら、
私の生きる目的はいったいなんなんだろう
と漠然と昏いことを思いながら
何に熱中することも無く
平等に刻んでいく時間を緩く浪費して
そして老いさらばえていく。

滑り落ちていく時間の中に、
何か引っかかるものがあれば良い。

熱中できるもの、「これが私の趣味です」と語れるものが
ひとつでもほしいと願っていました。

最近気づいたんです。

私は何かに熱中したいと言いながらも、
何か心を惹かれるものに対面した度に
「そんなものに力を注いでも意味が無いんだ」と
心のどこかでブレーキをかけていたように思います。

「どうせすぐに飽きちゃうんだ」
「それを頑張るくらいなら、仕事に関係していることを勉強した方が良い」
「そんなことを頑張っても、実るものは何もない」

飽きること前提では何かを頑張っちゃいけない?
費用対効果の無いことに時間を割いちゃいけない?
実りの無い何かに熱中してはいけない?


先日母に言われたことを思い出した。

「筋トレなんてやめてしまいなさい」

どんな流れでそんなことを言われたのかな。

そうだ、確かジムに通っているんだと言った時に
そんなことをする時間があるんだったら
もっと家事を頑張りなさい、という意味で言われたのだと思う。

正論です。

そしてウチの母は、自分の好きなことを犠牲にして
家事や子育てを頑張ってきたのだと思う。

そう思うと、好きなことに熱中しようとしている自分自身が
とても悪い子のような気持ちがしてなりません。

私には子供がいない。
そしてこの先も子供をもつつもりが無い。

子を産まない女性を悪く言う表現をして干された議員がいたな。

でも、その議員は、正論を言っていると思う。

この国は自由が許され過ぎるからね。
犯罪以外は全て自由であり「個性」で片づけられる。

子を産もうとしない女性がどれだけ正当化されようとも、
動物として「アンチ」であることは、確実だと思います。


「教科書通りの正解」以外のことに熱中することに罪悪感を感じ、
熱中できることも見つけられずに生きる人生、
私はそれで良いの?

ジムに行けば、綺麗な筋肉を蓄えた人が数名いる。
にわかトレーニングでは、そんな格好の良い筋肉は手に入らないことを私は知っている。

子を持たないこと、完璧な家事ができていないこと、
教科書通りの模範解答がクリアできていないことに負い目を感じ
今私が打ち込みたいことに100%の熱意を注ぎ切れず
不完全燃焼で飽きてしまうこと、
そんなことをこの先何十年も繰り返していて
私は幸せですか?

そんなことを考えながら、
「私はトレーニングが好きです」と言いたいと思う今日この頃なのでした。笑

そろそろ「筋トレ初心者」から
「筋トレ中級者」に昇格しても良いんじゃないかな、
なんて、おこがましいことを考えています。

いずれにしても、この一年は
筋トレを頑張りつづけますよ。

それが正しくても正しくなくても。


それではまた更新します(○・_ゝ・○)ノ

↓↓↓↓よろしければ ポチっとどーぞ?(´ω`人)
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ

他人から見えているのは ほんの一部でしかない。

2019.04.21.17:20

先日、私の大好きなモデルさんが、
一点の曇りもない抜群のスタイルのワンショットをインスタに投稿していました。

鍛え抜かれた筋肉と、無駄な贅肉が一切無い体躯は
本当に綺麗で、女神様だと思った。

最近食事に気を使ったり意識してトレーニングをしている私には少しだけ分かる。

彼女は明らかに無理をしているし、
そのスタイルを作り上げキープするのに
沢山犠牲にしているものがあるということを。

体脂肪率15%の彼女は恐らく、生理不順、
もしくは将来的に生理不順になるんじゃないかなと、
私は老婆心ながらも心配しています。

全て私の想像ですが、彼女は健康さえ犠牲にして
スタイルキープに重きを置いているんじゃないかと思うんです。

女子の体は脂肪を蓄えようとする仕組みがあるんです。
女子にとって脂肪は必要なんです。

成人女性平均25%前後の体脂肪率を、15%まで絞ると、
少し食べただけでも身体は必要な脂肪として蓄えようとするはずです。

彼女の場合は筋肉量も多いから、
食べたものは脂肪になる前にエネルギーとして使われてしまうだろうから、
そこらへんの細いだけの女子よりは脂肪になりにくいでしょうが。

自身がプロデュースするトレーニングウエアの販売促進会で
彼女が話していたことを思い出しました。

「お肉の脂身は食べないし、酸化油で加工されているようなものは食べないようにしているんです。」

あくまで私の想像ですが、
スタイルに悪影響がある可能性がある食べ物を口にしてしまうことを、
彼女は時として恐怖に感じることがあるんじゃないかと。

なぜそんな想像ができるのか?

最近の私が、まさにそうだから。

食べるのが怖い。

会社の食堂で、周りの社員さんは
平気な顔でラーメン定食を食べ、
平気な顔で社内販売のお菓子を食べています。

私は1月半ばにラーメンを食べてから今日に至るまで、ラーメンを食べていない。

私の大好きなモデルさんが
誰よりも素晴らしいスタイルをキープできるのは、
見えないところでの大きな努力と、
恐らく健康でさえ犠牲にしてしまうような我慢の上に成り立っているのだと思います。

私が筋肉量を保ったまま、3ヶ月で6㎏落とせたのは、
日々の食事制限と、少しずつですがほぼ毎日続けている筋トレの成果です。

爆食を頻繁に繰り返して、
三十代半ばの女がそんなに簡単に痩せるはずがない。
私は努力をしているんです。


何が言いたいのかと言うと、
SNSやネット社会で他人から見えているのは、
ほんの一部だけなんだと言うこと。

インスタでお洒落なカフェでのスイーツを投稿しても、
素敵なお部屋で丁寧な暮らしをインスタに綴っても、
たかが一般女子の私生活は、大抵の人が多かれ少なかれ
杜撰なもんじゃないですかね、想像ですが。

大抵の女子は甘いものを口にするし、
男女問わず残業で遅くなった日はカップラーメンで晩御飯を済ませることだってある。

先日の私のように、生理前についついチョコレートやクッキーを食べ過ぎてしまう女子は少なくないんじゃないかな。

先日私が食べたお菓子の量を言わなかったですよね。

よくあるクッキーの小箱一箱と、チョコレート数個、甘納豆の小包装数袋です。

聖人君子からすればそれは罪なほどの爆食に相当するのかもしれませんが、
私には、生理前女子の常識の範囲だと思えてなりません。

ちなみに、昨日職場で体を動かす雑務をしていて、
あまりにもお腹が減ったので16時頃にくるみを5粒ほど食べました。

その後、胃がとても痛くなりました。

もちろん犯人はお菓子じゃないし、私が犯人でもないよね。

それでも胃もたれの「犯人」は私ですか?

最近の胃もたれで、私は自分の身体のことをとても心配しているんです。
中学生以来20年に一度しか病院に行かなかった私が病院に行って診てもらったんですよ。


私の何を知ってると言うの?


普段毎日努力している人間が、SNSやネットの場で、
話題の1つとして「また食べすぎちゃった~」ってケーキの写真を投稿すると、
その人は毎日爆食している人に見えてしまう。

もちろんそう見られてしまうのは発信した奴の落ち度に違いありませんが、
それが彼もしくは彼女の「全て」だなんて、思わない方が良い。


言葉の綾で誤解を避けるためには、全てを細かく説明しなければいけない。

かと言って、SNSやネットで背景の全てを説明する必要がありますか?

ビジネス上の報告書じゃないんだ。
思ったことや感じたことを取り留めもなく綴っている、
誰のためでもない日記の中の言葉の綾を
「犯人はあなたですよ」と咎める必要はありますか?

「今時の子は注意されたらすぐに逆ギレする」と言いますが、
顔も年齢も知らない人から
理不尽と思ってしまうような注意を受けてムッとしない聖人君子が世界に一体どれだけいるでしょう。

もしもそれが家族や友達、同僚や先生、
あるいは困った時に頼りになる町内会の近所のおじさんから受けた注意なら、
もしかしたら素直に受け取ったかもしれません。

このご時世、注意というものは、
信頼関係の上でしか成り立たないんじゃないかと思っています。


ましてや温度感やトーンのない無機質な文字は、時として人を傷つける。

その人のことを知らない見ず知らずの他人が、
無機質な文字を無闇に他人に差し向けない方が良い。


例えば私は良いねと思ったものにはイイねボタンを押します。

でも、どれだけ不快なものでもバッドボタンは押しません。
不快ならすぐにページを閉じるだけです。

ネット社会は情報を選択できる世界です。
見たいものだけ見て、不快なものは視界から排除したって良いんですよ。

私は見ず知らずの人の素晴らしい投稿についコメントを入れることはありますが、
不快な投稿にはコメントをしません、それがどれだけ不快でも。

単純に私個人の考えですが、それが私のネチケットだと思っているからです。

そのコメントが仮に正義だろうが親切心だろうが、
「キツイことを言いますが」という前置きが必要なほどキツイ言葉は、
画面ごしに表示される明朝体の文字になれば、
それは相手にとって確実にキツイ言葉です。

・・言い直します。
確実に、キツイ言葉でした。

胃もたれの犯人

2019.04.17.19:54

こんばんはー☆

昨日はね、ブログを更新した後に
お菓子をたくさん食べてしまったんです。

案の定!
今朝は胃もたれから始まり
午後まで胃の調子が悪かったです・・。

もうね、原因は驚くほど明白で、
犯人はお菓子でしかありえませんよね。

チョコレートやクッキーは脂質が多く、
胃もたれを起こす典型的な要素の食べ物です。

そしてお菓子というものは、
翌日の胃もたれを知りながらも
ついつい食べてしまうんですよね。

精神を蝕む麻薬と同じ魅惑の力があるよね。

お菓子を我慢できる人たちに
その方法や精神統一の方法を訊いてみたいです。

私なんか、家のどこかにお菓子があれば、
全て食い尽くすまで止まらないからね。
時々そんな自分を客観的に見て、
病気だと思いますよ。

最近でこそ爆食はしなくなりましたが、
私には再び爆食に走る不安が
常に付きまとっているんです。
本当に自分で自分が怖い。


心の軸になるものがあれば良いなと思います。

ふと良くない方向へ堕ちかけた時、
私を良い方向へ導いてくれる何かが欲しい。

中島健人似のイケメンがどこかにいないかしら。笑


それではまた更新します(○・_ゝ・○)ノ

↓↓↓↓よろしければ ポチっとどーぞ?(´ω`人)
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ

良い女になろうよ

2019.04.16.20:10

こんばんはー☆

何となく仕事に張り合いが無い今日この頃。

もっともっといろいろと仕事の幅を広げさせてもらえるためには
どんな努力をすれば良いだろうね。

座学の勉強は大切ですが、
実践現場では、時として教科書から学んだ知識は
大して重要じゃない場合があることを知っています。
もちろんそれは、職種や職業によって全然違うのだと思いますが。

でも今日少し思った。

輸出入に関する知識は
今後の私の守備範囲を広げてくれる気がする。

今の私は専門知識ゼロです。
今の私は専門知識が無くてもできる仕事しかしておりません。

果たしてそれで良いのかと、
ふと地面に視線を落としてしまうときがあります。

このままじゃ、永遠に「作業員」でしかない。

と、思った時、
ちょっとした覚悟が生まれるよね。

2019年は身体を作る年。
そして2020年の目標が、少しシルエットが浮かび上がってきましたよ。

頑張れるかどうかは、今年の私次第ですね。

2019年は頑張れなかったけど
2020年は頑張れる、なんてことは無く、
2019年が頑張れなかった奴は
2020年も2021年も頑張れない可能性が高いんですよ。

逆に、2019年が頑張れたなら、
2020年も2021年も頑張れるんですよ。

成功はループする。

一年なんて短いよ。
時間があると思えばどんどん時間が無くなるし、
時間が無いと思えば、不思議と時間は湧いてくる。

要するに、ボケー・・っと日にちを辿るだけだと
1年あっても10年あっても、
何一つ成果なんて出せないんですよね。

はい、私はそうやってボケー・・っと生きてきた種類の生き物です。笑


そう言えば全然話は変わりますが、
先日仕事で泣いている子がいました。

私は慰めてあげる的確な言葉を持ち合わせていませんでした。
私は人の相談に乗るのは不向きなんです。

だって、思ったことを言えない性格だから。

ついつい相手が言ってほしいであろう「優しい言葉」を探ってしまうんです。

でも腹の底で考えていることは、
「甘えるんじゃない!」って厳しい言葉なんですよね。

仕事で泣いて良いのは、
自分の不甲斐なさや非力さが
悔しくなったときだけです。

もっと頑張れたはずの自分を奮い立たせる時だけです。

例えば「相手のせいで自分の仕事がうまくいかない」、
なんて理由で泣くのは、貴女の価値が下がるからお止めなさい。

変らない世界を嘆いて涙を流す位なら、
自分で世界を変えられる力をつけた方が良い。
逆に貴女に世界を変えれるだけの力が無いのなら、泣く価値は無い。

鉄の女のような強さを纏える自信が無いのなら、
いっそ全部受け流して、笑って周りを和ませる花の女になった方が良い。

涙の中に混じる「悔しい」がもし
自分を成長させることのできない憎しみなら、
そんなプライドまがいなものは手放した方が良い。

相手がうまく動いてくれないとか言う
生半可な気持ちで流す涙なんて、
大して美しくないし、
誰彼かまわず捕まえて涙を流すようじゃ
良い女とは言えないな。

良い女になろうよ。

・・・って、言いたかった。
でもまあ普通にこんなこと言えるわけないわな。笑


ごめんよ、私は人の相談に乗るのが苦手なんだ。
思ってもない「生優しい言葉」を探すのに
本当に疲弊してしまうんだから。


さて、少し歩いてくるかな!


それではまた更新します(○・_ゝ・○)ノ

↓↓↓↓よろしければ ポチっとどーぞ?(´ω`人)
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ
プロフィール

月島晴美

Author:月島晴美
11年務めた会社を辞め、現在お気楽派遣社員として奮闘中!
とりあえず、健康な身体さえあれば何とかなるなります!


☆取得済み資格・検定☆
・アロマ検定1級
・ハーブ検定
・健康管理能力検定
・薬膳・漢方検定

・図書館司書資格
・博物館学芸員資格

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR